朝から酒に酔い駅ホームから転落するのは自殺行為

午前7時半ごろ

東京都中野区の
JR中野駅のホームから
男性会社員(26)が転落し

直後に進入してきた
下り快速電車1両目の
約10メートルが
上を通過しました。

男性はレールの間に倒れ
電車の下部にすき間があったため
打撲の軽傷で無事でした。

男性が酒に酔って
誤って転落したと
みられていますが

無意識も含めて考えれば
自殺未遂でしょう。

ヘルマン・ヘッセの
『車輪の下』と同じです。

主人公は
ショッキングな出来事を
【回避】しながら
生きているうちに

好きでもないお酒を呑み
水辺に近づき
溺死しました。

ヘッセは
自殺として
捉えていると思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です