知的障害者ケアホームはなぜ建設反対されるのか?

$PTSD研究家翠雨の日記

松山市北部で

知的障害者の更生施設を運営する
社会福祉法人
「風早偕楽園」が

市内の団地内に計画している
知的障害者のケアホーム建設

 ―障害者自立支援法による
 障害者が地域の中で
 共同生活する施設。
 グループホームより
 手厚い介護が提供される。

「地区の
資産価値が下がる」などという理由で

地元住民らが反対し
計画撤回を求めています。

    …

なぜこうも
反対されるのでしょうか?

 ―「若くしてこの土地を買った人たちの
  人生が台無しになる」とさえ
  主張されています。

それは
知的障害の実態が
PTSDだからです。

PTSDとしての自覚がなく
知的障害扱いされた人たちは
確かに
問題行動を起こしがちです。
 ―魂の叫びですから。
 みなさんが
 知的障害者扱いされたと
 想像してみてください。
 おとなしくしてられますか?

虐待やDVからPTSDになった
子どもの3割は
入所施設で
他児に暴力を振るいますからね。

暴力の連鎖で大変なことに
なっています。

きちんとPTSDを認め
対応法を示されていない現状では

住民の主張は
正しいと言わざるをえません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です