映像に観る海老蔵暴行犯の精神分析

少年時代
瞬発力を活かし
サッカー少年

挫折し

暴走族に所属してからは
すかさず因縁をつけて
出てゆき
一目置かれる
恐怖の存在に

$PTSD研究家翠雨の日記

トラウマ
(心的外傷)を根源にした
陰陽
吉凶混合の人生です。

海老蔵バッシングした
コメンテーターたちも
実は同じ
無意識的防衛機制
【知性化】を使って
仕事をしています。

トラウマは
攻撃性を生みます。

 ―もともとは
  犠牲者ですから。
  反撃しようとする
  エネルギーが生まれ
  行き場を失っています。

もてあますほどの攻撃性を
ジャーナリストの一部は

世間が
コンプレックスを感じている相手に
向けます。

そうすれば
社会的評価と人気が得られ
地位が安定するハズだったのですが

途中で
雲行きが変わりましたね。

加害者と
海老蔵バッシングのジャーナリストは
同じ穴のムジナです。

加害者の方は
まだ過去の栄光
(幻想)に酔った風貌で

魔法が解けてませんね。

まだまだ【解離】中です。

そう言えば
当時そう酔ってなかったと言ってますね。

  ―もともと酔ってますからニコニコ
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です