相次ぐ拘留中の自殺予防にはPTSD研究が必須

東京湾岸署内の留置場で   ←のりピーがいた所?

勾留中の容疑者の男(41)が
自殺しました。

房内の個室トイレで
ワイシャツを細長く裂いた
長さ約90センチの紐で
首を絞めたようです。

1時間に4回以上
巡回していますし
裸で過ごさせるわけにも
いきませんから
 ― 人権侵害です。

死にたがる心理を
研究すべきでしょう。

根本的に考えないと
何でも
徒労に終わります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です