PTSD解離少年の「面倒で配りきれなかった郵便物」

東京・多摩市で

郵便局のアルバイトの
定時制高校1年の少年(16)が

逮捕されました。

はがきなどの郵便物
(446通)を
たびたび持ち帰り

団地の15カ所の郵便受けに分けて
隠していました。

「配りきれず
面倒くさくて隠した」と
供述しているということです。

【解離】していますね。

9月から
このようなことをしつつ

普通に生活していたのですから

【解離】したままだったということに
なります。

仕事と勉強で疲れていたというほかに

大量の郵便物を配るうち
ある種の錯覚に苦しんだはずです。

定時制高校に行くようになるまでに
いろいろあったはずです。

話を聴いてあげてほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です