『踏切に消えたナオ』PTSDからみた自殺と遺族

$PTSD研究家翠雨の日記

著者は

仕事で訪れた
児童養護施設で

拗ねた目をした
3歳のナオミチに
出会い

周囲の無理解で
引き裂かれ
 ―家族にしようとしていた。

10年後
ホームレスになった
19歳のナオミチと
奇跡的に再会しますが

その2ヵ月後
彼は遮断機をくぐり
つながった携帯電話を
足元に置き
電車に向かって
両手を広げました。

遺された著者の苦悩が
この本を書かせたようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です