【臨床美術】が手がけるPTSD予防

朝日新聞が

ある会社の
アートサロンの講座を
紹介している。

脳科学の立場から
こころの健康を高めて
病を防ぐ効果が
期待できる

「臨床美術」の仕組みを
利用しているそうです。

PTSD予防にもよいと
思われます。

$PTSD研究家翠雨の日記

日本臨床美術協会は

臨床美術を通じて

高齢者やそのご家族
子供たちをはじめ
広く感性豊かで

健やかな社会を創出することを
目的として設立された
特定非営利活動法人です。

リンゴを描くにしても
輪郭から描いたり
中心から描いたり
絵の具と水の割合を変えてみたり

毎回違う描きかたをし

最後の講評では

思いがけなくできた
色のにじみ具合
などの
味わいを

肯定的に
評価しあったりします。

自由に描くのがよいですが
こころが萎縮しているときは
自由に描くことが困難だったりしますから

敢えて
「この前は~だったから
 今度は~で描いてみましょう」と
指示があることは
よいかもしれません。

非言語的な
アプローチで
癒しの作業が行われているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です