朝日新聞『獅子頭』第二百四十三話 気づきと行動

未治療の
大物PTSDである
幸子は
相変わらずだが

自分の情けなさに
しっかり向き合った
二順は

【搾取】されているのに
気づき

家出した。

そうすると

風向きが
急に変わってきた。

仕事が見つかり

一ヵ月後
給料を貰うときには
アパートが借りられるようになった。

雇い主は
テレビと布団をくれた。

  …

気づきと行動が大事ですネ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です