中国では暴利に2千人の高校生が食堂破壊

中国四川省叙永県の高校で

14日

約2000人の生徒が

「校内の食堂は暴利をむさぼっている」と騒ぎ
食堂を破壊する事件が
ありました。

県教育局幹部や生徒の話では

この食堂が
食料価格の高騰で

最近
食事の量を大幅に減らした上
変色したコメなど粗悪な材料を
使用して
反発を買ったのが
騒ぎの原因のようです。

イギリスでも
イタリアでも
中国でも

学生が
「おかしいことはおかしい」と
主張しています。

やり方がよくないですが

主張を忘れた
日本人は
見習うべきでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です