ロウ石で道に落書き

驚かせてすみませんショック!
朝日新聞が
蝋石を
取り扱ってて
思い出しました。
PTSD研究家翠雨の日記
昔のこどもは
道に絵を描いてたんですね。
PTSD研究家翠雨の日記今の子
戦後貧しい時代には
遊びの必需品で
 ―貧しくても
  食べることと同じくらい
  遊ぶことが大事
  (外的栄養と内的栄養)
加工で生計を立てている人も
結構いたそうです。
★自由に描けるし
案外
★誰かが見てたんじゃないですか?
ちょっとした
子どもの兆候に
気づく大人もいたように
想像します。
無口な子も
表現の自由が確保され
他の子も
『あー、こういう感じの世界
もってる子なんだぁ」と感じ  
 
 ―DVシェルターの箱庭で
  よく起こる
  非言語的関係改善ひらめき電球
いじめて反応みるうちに 
 ―可愛いから髪の毛引っ張って泣かすとか
妙なことになるリスクも
減ってたのではないでしょうか?
道で暴走する子どももねひらめき電球

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。