取手バス襲撃事件防止と『崖の上のポニョ』

容疑者は
1年前に職を失ったあと
携帯電話やパソコンを持たず
自宅に
引きこもりがちだったそうです。
3年前に母親を
亡くしています。
失業と母親との死別
よくあることかもしれませんが
精神的に
相当な痛手を負ったはずです。
 ―そうじゃない人がいたら
  オニです。
理不尽な目に会い
再生しようとするとき
ある意味で
おかあさん的なものが
必要になります。
現実のお母さんでもいいし
温かい家庭でもいいし
本当の友達でもいいし
本気で信仰してるなら
教会でもいいのです。
$PTSD研究家翠雨の日記
自己実現しようとするポニョに
振り回され
困り果てたお父さんは
お母さんに相談しています。
 ―相談することが大事なのです。
 それで自殺と犯罪は防止できます。
 すぐには解決できなくても
 苦しみを人と共有でき
 希望がもてると
 孤独ではないですから。
日本では
父性原理
(ルール・常識・知性)より
母性原理
(癒し・保護・育てる)が
重要なのです。
孤立無援の彼には
それがなく
絶望したのでしょう。
 ―当然です。
母性原理の国では
$PTSD研究家翠雨の日記一即多
一即多ですから
(一緒くた)
無差別殺人が
起こりやすくなります。
防止のためには
母性原理を日本に充満させることです。
つまりは
こころのケアを大事にすることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です