『遠野物語』100周年にPTSDを思い出そう!

$PTSD研究家翠雨の日記
カッパや
座敷童子が登場する
うつつ
(夢現って書くんですね)
$PTSD研究家翠雨の日記
 ―西田哲学の平常底じゃないですかひらめき電球
森の中で       ←無意識へ       
少女に導かれて    ←無垢なアニマ
死んだはずの夫と出会ったり
 (『ずぶぬれ』)
 ―トラウマが呼ぶんですね。
  遣り残した仕事が
  ありますよってねドキドキ
しかも
原作は
★突然終わったり
★結末が省かれたりしているのが
多いそうです。
ちょっと怖い話しですが
PTSDをそのままにすると
急に消えますからねガーン
新潟では
昨日年会で
そんなに酔ってない女性が
携帯やバッグを店に置いたまま  ←すべて忘れたかった
タクシーに乗り
家と降りた場所の
ちょうど中間点で      ←平常底
本日亡くなっていたそうです。
自殺のようには見えないでしょ?
ヘルマン・ヘッセの
『車輪の下』の主人公も
こういう最後を遂げてますよ。
よくあるから
伝承されるんです。
カッパの意味は
【陰陽五行説】からですが
長くなるので
またいつかニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です