がん緩和ケアにはモルヒネより坐禅

本日の
朝日新聞は
がんについて
たくさん
取り上げています。
【緩和ケア】は
身体的痛みと
こころの痛みと
霊的な痛みに
必要でしょうひらめき電球
$PTSD研究家翠雨の日記
朝日新聞の考え方は
モルヒネをもっと使え!ですが
本当に
こころのケアが
充分なら
モルヒネの使用量は
減る
んですよ。
 ―身体的痛みと
 精神的痛みが
 ごちゃごちゃになっているところが
 ありますから。
 こころの空白を埋めるのに
 買い物したりするのが
 人間のこころでしょ?
なんと
西洋の教会で
坐禅する人が増えててひらめき電球  
結果が出ています。
リラックスし
自分のこころと向き合うことができたら
絶望や孤独感は消えますから
結果的に
寿命も延びるのです。
 ―むしろこちらが寿命で
  モルヒネは縮める。
 
  朝日新聞は否定してますがね。
精神科の薬と同じでしょ?
★医師の処方なら副作用はない
★苦しみをまず軽減
そう謳ってますが
絶望するばかりでしょ?
そんなに薬売りたいですか?
って話ですニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。