トラウマティックな刑務所で看守による看守いじめの土壌

福島刑務所で
33歳と26歳、21歳の
看守3人が
所内の入浴場で
同僚の
体毛をカミソリでそったり叫び
水風呂に入らせ
水のシャワーをかけ続け叫び
手洗い用液体せっけんを
頭からかけ
薬物性皮膚炎で
顔にけがを負わせたり叫び
しました。
気合を入れるつもりだった。
悪ふざけの度が過ぎた」と
説明していますが
完璧【解離】してますねひらめき電球
こどものいじめみたいな
レヴェルです。
公金横領や
看守によるわいせつ行為などの
不祥事がずっと続いています。
仙台矯正管区は   
 ―仙台もトラウマティックですからねあせる
「組織的問題かどうかは不明だが
個人の資質の問題によるところが
大きい」と
判断したようです。
$PTSD研究家翠雨の日記一即多でしょ?
PTSD否認のツケは
大きいですねニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です