韓国ドラマ『女人天下』のアジャセコンプレックス

『観無量寿経』の
アジャセ王の物語で
アジャセは
自分が生まれる前 
自分を生むのが恐ろしくなった母親が
高い塔の上から
産み落としたことを知り
錯乱して
父親を殺しました。
 ―古沢平作は
  このコンプレックスが
  日本人の特徴だと
  指摘しました。
『女人天下』の
第二十八話に
アジャセコンプレックスと同じ
モチーフがあります。
ある女性は
自分の母親は
自分がおなかにいるとき
「生まれては都合が悪いから」と
崖の上から突き落とされ      ←ポニョみたいひらめき電球    
 ―突き落とした人は
  その後DV夫と同居
  パニック発作を絵に描いたような
  風貌をしています。
  平気ではいられないのです。
気を失ったまま
寺で出産したと知り
復讐心を起こしました。
【古事記】の
スサノヲもそうですが
本人に落ち度のないところで
親が否認した問題
父母未生以前の面目)から
錯乱することが
日本人には多いようです。
生まれる前の問題ですが
知って錯乱したのは
後天的ですから
【人格障害】や
【発達障害】ではなく
【PTSD】です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です