77歳の天皇陛下が語られる皇室の病

77歳になられた陛下からの
近況報告は
病気の内容ばかりでした。
昭和天皇の玉体にメスが入り
平成天皇が病を語り
イメージは
ゆるやかに
変化しています。
 ―象徴としての
 皇室が病んだまま
 長引いていますから
 日本人のこころも
 病んだままです。
$PTSD研究家翠雨の日記
ご自身については
加齢によるもので
病気ではないですが
若い人には
想像しにくい症状が
たくさんあると
率直に述べられ
雅子さまについては
プライバシーの問題もあり
コメントを避けられましたが
病気ですから」と
言明されています。
また
健康の回復に
心がけるように
願っているということは
★回復する病気
★心がけで治る病気
ですね。
うつ病ではなく
 ―心がけではどうしようもない
PTSDなのでしょう。
 ―トラウマと向き合うなど
  心がけ第一の病
愛子さまの心配もしながら
公務は減らされないそうです。
 ―陰陽五行説に基づいた
 祭祀が天皇のお仕事ですから。
 無私の存在ですから
 自己都合はゼロの厳しさです。
最後は
絶滅したと思われた
淡水魚
クニマスが
65年ぶりに発見された

年であると
締めくくられました。
陛下は魚の研究者だそうです。
$PTSD研究家翠雨の日記
奇跡の魚といえば
ポニョですねドキドキ
奇跡は
起こる場所では
すでに起こっていると
いうメッセージでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です