『借りぐらしのアリエッティ』【冒険】における【ネズミ】の危険性

狩りならぬ
【借り】は
小人のアリエッティたちにとって
生きるための   
【冒険】
です。
 ―この【冒険】が
  分析心理学では
  生半可に取り扱われています。
  箱庭の象徴世界に
  ドールハウスをねじ込むような
  研究者が
  (かぐや姫や摂食障害という
   PTSDをわがままあつかいし
   説得します)
  
  つまらぬ【冒険】や【イニシエーション】を
  恥ずかしげもなく
  語ってお茶を濁します。
PTSD研究家翠雨の日記
危険の第一は
ネズミに出会うこと。
アリエッティは
マチ針の剣を【借】ったので
「平気」と言いますが
$PTSD研究家翠雨の日記スサノヲの自信
お父さんは
戒めます。
そうです。
ネズミには
PTSDにとって
【象徴】的な怖さがあります。
PTSD研究家翠雨の日記
干支のネズミは
親しんでもらうために
ねずみの姿にしてあります

鼠と書かずに
「子」と書きますね。
 正しくは「る」
     (ふえる)
  ―子を生んで増やす
 
 慈悲の「」は
 観音さまに象徴されますが
 母親のような無償の愛です。   ←セルフ
 しかし【アジャセコンプレックス】の
 ような問題の元でもあります。
ある種トラウマの源みたいな
ものなのです。
最初から
ぶつかると危険です。
がむしゃらは命取りですよニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。