処女懐胎エピソード「父母未生以前の面目」としての【象徴】

マタイ第一章の最後
「ヨセフは
眠りから覚めた後に
主の使が命じたとおりに
マリアを妻に迎えた。
しかし
子が生まれるまでは
彼女を知ることはなかった。
その子を
イエスと名づけた」
   …
現実には
ありえないことですね。
聖書は
【象徴】として読むものです。
 ―アメリカの一部
  カチンカチンの信者は
  進化論を否定するくらいですから
  別です。
夢現(ゆめうつつ)
つまり
夢か現実かわからない心的状況で
$PTSD研究家翠雨の日記
自分の所属する
集合の無意識にいる
常識や規範に出会うのです。
$PTSD研究家翠雨の日記
イエス
(意識)は
生まれる前に
(両親と出会う前に)
集合的無意識と
出会っています。
 ―業とかカルマとか
  いう宿命のコンプレックス

【父母未生以前の面目】
です。
この
誰の所有物かわからない
誰の責任なのかわからないものに
人間は振り回されます。
スサノヲ然り
アジャセ然り
イエス然り
否応無しに
見せられるのが
【象徴】というものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です