聖夜の福岡自動車事故の悲劇が伝えるPTSDの修羅場

24日午後11時40分ごろ
「福岡市に
イルミネーションを見に行く途中だった」
9人の乗ったワゴン車は
乗用車と衝突し
池に転落
乳児を含めた
6人が亡くなりました。
生存者の
証言が食い違うそうで
捜査も複雑になりそうですが
 ―ショックでこころが
 【大破】してしまわないように
 無意識がお話をつくりかえます。
「早く助けて! 
子供がまだ池の中にいるの!」との
ずぶぬれの女性の悲鳴に
乗用車の男性は
池に飛び込んで
死亡
したようです。
当時は水温が5度程度
気温は3度程度でした。
男性はとっさに
【解離】し
夢中で救出しようとしたのでしょうね。
 ―こういう【解離】も
  あります。
 
 【解離】にも陰陽あります。
$PTSD研究家翠雨の日記
女性も
助けたい一心で
必死で叫んだ
のでしょう。
ある種の【解離】状態です。
この解離を
大事にケアしないと
罪悪感からPTSDになると
思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です