『借り暮らしのアリエッティ』ニーチェのロープ

PTSDは
トラウマの病ですが
トラウマは
無意識にありますね。
 ―だから認知行動療法や
  説得療法は手が届かないんですねひらめき電球
無意識は
心身一如の場所です。
ユングのこの図では
【感官】を伝って
トラウマのある場所まで
 ―交通事故のトラウマなら
  個人的無意識のあたり
  (個人の歴史の出来事)
  同じ交通事故でも
  ひき逃げされたショックや
  医療ミスなら
  国家的無意識あたりへ
  
  家族の問題なら
  家族的無意識のあたりへ
降りていきます。 
 ―知らなくても大丈夫です。
 無意識が知ってますからひらめき電球
$PTSD研究家翠雨の日記
一番下は
動物の祖先の無意識ですね。
ニーチェはこう言いました。
「人間は
動物と超人のあいだに  ←犯罪者かポニョか
張りわたされた一本の綱
なのだ。
 ―深淵のうえにかかる綱なのだ。 ←水平ではありますが…
渡るのも危険であり
途中にあるのも危険であり
ふりかえるのも危険であり
身震いして足をとめるのも
危険である。
人間における偉大なところ
それはかれが橋であって
自己目的ではないということだ」
$PTSD研究家翠雨の日記
どうせ危険な存在なら
渡ってしまいましょう!
余計なことは考えず
ライト(意識の光)を
しっかり照らして
上り下りしましょうニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。