『借りぐらしのアリエッティ』箱庭療法の暴挙

確かに素敵ですが
PTSD研究家翠雨の日記
断りもなしに
いきなり
違う文化を
ねじ込んでは   ←十字軍の遠征ひらめき電球トラウマ
いけません。
 ―よかれと思って
 親切心から
 学問的盲目から
 よくあります。
PTSD研究家翠雨の日記
驚愕で
心臓が悪くなります。
 ―翔君は心臓が悪いのです。
 両親の不和や離婚
 母親不在の孤独という
 ストレスが
 日々かかれば
 PTSDとしての
 心身症にもなります。
 生きる希望を失っています。
PTSD研究家翠雨の日記
活き活きとした
心の交流における信頼感
(ラポールの形成)なしに  
いくら箱庭療法をしても
PTSD研究家翠雨の日記
相手を怖がらせ
場合によっては
PTSDにするだけで
誰のためにもなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です