『オペラ座の怪人』とトラウマティックな海老蔵事件

最近パリ公演があったような…?ひらめき電球
PTSD研究家翠雨の日記
オペラ座の
地下に広がる
広大な水路に   ←集合的無意識
怪人が住み着いていて  ←トラウマ
19世紀末のパリ
オペラ座の若手女優クリスティーヌに
恋をし
憑依したお話ですね。     ←ヒステリー物語
PTSD研究家翠雨の日記
現実には
自分の楽屋の裏から聞こえる
『天使の声』の指導で
  ―天使は悪魔
   (陰陽)
歌唱力をつけて
頭角を現すのですが
支配人に
多大な要求をしていた
怪人に
誘拐され
オペラ座の地下に
呑みこまれてゆきます。
   …
海老蔵さんも
初代が舞台上で
殺害されたあと
自殺や他害続出の市川家の
家族的無意識の
地下水脈の上に咲く華です。

★よいときは
類稀な才能
しかし
一歩間違えると
このたびのような
★異常な病理的事件
陰陽
吉凶混合の
【百尺竿頭】の切っ先に
立ち続ける運命の人です。
歌舞伎の舞台の下にも
怪人がいて
 ―トラウマティックな
  市川家の物語
女装した海老蔵さんに
憑依しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です