『借りぐらしのアリエッティ』脱兎の如く去る発達障害研究家

上から目線で
表面しかみない
発達障害研究家と   ←左
五感で感じて
PTSDとして捉え
PTSDとして
癒していく
立場         ←右
PTSD研究家翠雨の日記
今年
左に象徴される人たちは
驚愕し
(その否認から)
怒り
PTSD研究家翠雨の日記
脱兎の如く
退散しますひらめき電球
 ―新聞の広告からは
 すでに消えています。
PTSD研究家翠雨の日記
発達障害の研究家たち
どうしちゃったのかしら?
そういう一年になるでしょう。
忘却したら
また繰り返しますから
しっかり
反省させないと
いけません。
$PTSD研究家翠雨の日記
相手をこんな風に見ていたのは
投影的同一視だったことに
気づけば
合格です。
自分が
臨床家として
【発達障害】だったのですひらめき電球
 ―厳密に言えば
 ユング研究所まで留学し
 ユング関係の本を書きながら
 【象徴】をとらえられてない
 惨めさの否認ですから
 PTSDですけど…あせる
正統だけが
生き残るように
世の中はできています。
見かけ上の
かたちだけ整えても
だめなんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です