新年恒例の一般参賀の陰陽五行説的意味

皇居・宮殿の庭で行われました。
$PTSD研究家翠雨の日記仏の掌
西庭や南庭では
いけないのです。
新しいと言えば
【春】
春と言えば
【東】に
決まっているのです。
 ―日本人は案外理屈っぽいのです。
  トラウマティックに
  学習し
  条件づけられてきましたから。
  でもこれは
  【トラウマの再演】ではありません。
  【昇華】の過程としての
  【華開世界起】です。 ←道元
天皇陛下は
皇后さまはじめ皇族方とともに
宮殿のベランダに立ち
しい年を共に祝うことをうれしく思います。
今年が
みなさん一人一人にとり
少しでも良い年となるよう
願っています。
年頭にあたり
世界の平安
人々の幸せを祈ります」と
あいさつし
顔で手を振られました。
$PTSD研究家翠雨の日記
天皇は日本の【象徴】
多数の国民
華厳経の【一即多】の原理です。
トップダウンの
絶対支配ではありません。
日本の国の象徴的平和主義が
世界の平和に抜けるような
そんな非暴力の思想を
目指しているのですひらめき電球
表向きにはボロボロであっても
日本が世界に一目おかれるのは
この独自の無我思想のためです。
皇室イメージは
【笑顔で手を振る】
原爆投下のPTSD予防に
握り締めた拳で
笑顔で平和的に遊ぶ
【じゃんけん】が生まれています。
いつも
PTSD予防は
拳(五行)を柔軟に!です。
何から何まで
陰陽五行説に則った
平和の呪術が
ご公務です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です