JR宝塚線脱線事故PTSD女性が語る【暴露法】の限界

$PTSD研究家翠雨の日記
大惨事から二年後
インタビューですが
恐怖感が襲ってくると
証言されています。
治療法については
これでよいのだろうか?との
素朴な疑問が
あるようです。
(新聞に出るので)
治療者その他への遠慮があって
こうおっしゃるのですから
この点は重要です。
辛い治療だとも
書いてますね。
 ―意識のみに
  トラウマが押し寄せますから
  大変です。
やりとおした事が
自信につながったというのは
リップサービスでしょう。
やはり
無意識を不問にした治療法
限界があります。
理不尽な出来事に遭遇すれば
「なぜ?」と
感じます。
理屈では解けませんが
解けないからといって
考えなくてよいことではないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です