PTSDの時代【キューブラー・ロス】は常識に

$PTSD研究家翠雨の日記
不治の病の告知に関して
どう反応しやすいかという
ことでしたが
受け入れがたいことを
言われるのは
精神的死を意味しますから
同じことです。
否認したくなりますし
怒りがこみ上げてきますし
抑うつ状態になります。
簡単に受容できません。
理不尽な死を迎えた
死体が
無念を抱えていたことも
認めはじめていますね。
自殺対策に活かされるでしょうか。
 ―「また…」
  「迷惑」
  「親から貰った命を粗末にする
   罰当たり」
  死者のPTSDに鞭打つような
  声は少なくなりました。
最先端医療がと書いてるのは
ウソですがね。
 ―知識は増えていません。
 この世界
 進歩も進化も不要です。
ゆっくりゆっくり
世の中はまともになってきていますニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です