ひきこもり学生への行動的な【認知行動療法】の限界

PTSD事例研究として
面白い読み物ですダウン
$PTSD研究家翠雨の日記二部は女性?
本当の事例ですよ。
PTSD研究家翠雨の日記
ひきこもりの学生に
訪問カウンセリングという  
 ―お気軽で
 いい感じでしょ?
 でも気のせいですよ。
行動的な
【認知行動療法】です。
PTSD研究家翠雨の日記
根気が必要です。
$PTSD研究家翠雨の日記
ネズミは場当たり的にしか
行動しないものです。
あるとき
たまたまバーを踏んだら
食べ物が落ちてきました。
そのとき空腹なら
「ヤッター」
そうでないなら
「ふーん」
バーを押したら
食べ物が出てくることを覚え
おなかがすいたときに
バーを押すようになります。
PTSD研究家翠雨の日記
やっぱコレでしょ!
基本は
学習理論ですからニコニコ
8割以上
復帰させたと言っても
外出して
ラーメン食べにいくところまでです。
(別人の例ですが
同じ記事の中に並べてありますダウン)  ←【解離】
PTSD研究家翠雨の日記
こんな凄いエネルギーの背景にある
(伊達や酔狂では無理!)
高校生のときの
母親の死から
いじめがおこり
不登校になって
父親に叱られ続け
逆上し
家庭内暴力の果てに
ひきこもった
たましいの正史としての
トラウマ不問の方法なのです。
大学教授なら
『古事記』の
天の岩戸隠れを読んでほしいなニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です