PTSDシャーマンとしての天皇家

天災などが起こると
必ず
出向いて
【こころのケア】をされますし
宮崎の口蹄疫問題で
 ―職員のPTSD予防が
  必要になり
  冊子が作られました。
奮闘した
知事のストレスを心配して
呼び出されたのも
皇室くらいなものです。
$PTSD研究家翠雨の日記
【PTSD否認】解除をまえに
 ―もう始まってますねニコニコ
こころのケアの本家である
天皇家に対して
 ―『古事記』しかり
  玉音放送しかり…
バッシングから
『天皇家って?』と
理解しようという
視座に変化しています。
はっきり提示してきたのは
【祈り】です。
もちろん
陰陽五行説に則しての
呪術です。
 ―火曜日と金曜日というのは
 そのあたりの話でしょう。
要するに
シャーマンですね。
自然と人間の間に立つ
無垢でありつつ
智恵をもった存在です。
 ―大正天皇以外の方々も
  和歌を詠まれます。
  自然とご自分との関係についての
  直観が問われているのです。
  仏=佛
  一即多です。
無我の象徴ですから
無所有ですし
自分のことは
後回しで
 ―仏教ですが
  衆生を救済するために
  この世にとどまるという考え方も
  あります。
  確かにそうです。
  悟って消えるばかりなら
  我々はいつまでも救われない!
わからないのが
シャーマンですから
皇室のこころの病も
そのままなのでしょう。
しかし
それは日本の病理を映し出す
鏡として
立派に機能しています。
鏡を観ない
国民が悪いのです。
 ―鏡には
 雅子さまや愛子さまが映っている
 ハズです。
 【投影的同一視】して
 バッシング
 あるいは【否認】や【回避】したか…あせる
$PTSD研究家翠雨の日記
オバマ大統領は
皇室の重みを
よくわかっておられますよねニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です