故パーレビ元国王の息子のPTSD解離自殺

1979年の
イラン革命で失脚した
故パーレビ元国王の
息子アリレザ・パーレビ氏(44)
 ―写真中央
  2001年6月のもの
$PTSD研究家翠雨の日記
昨日
ボストンの自宅で
拳銃自殺したようです。
中学生くらいで
生活や
自分の立ち位置が
ガラリと急変したのですから
大震災に遭遇したようなものです。
PTSDだったのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です