花園ラグビーにみる世代間トラウマの【昇華】の過程

$PTSD研究家翠雨の日記
47歳のお父さんの
少年時代
在日の人たちは
まだ
社会に認められず
差別されていたんですね。
お母さんのおなかの中で
その悔しさを聞き
お父さんの夢を果たす
使命感をもったなんて
【アジャセコンプレックス】や
『古事記』のスサノヲみたいです。
  
ネガティブな気持ちに流されてしまわず
気が遠くなるような時間をかけて
謙虚にコツコツがんばる姿には
こころ打たれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です