『借りぐらしのアリエッティ』 百尺竿頭一歩進めよ

$PTSD研究家翠雨の日記
これが
【百尺竿頭】の
象徴的表現であることは
昨日書きました。
PTSD研究家翠雨の日記
最初の狩りならぬ【借り】では
このように表現されてました。
驚きと怖さが
何気に強調されてましたが
【象徴の上に】
普通に立ててます。
 ―協力しながら
 こころの作業をしてきたので
 こころがすくっと
 成長したのです。
そして
対話が終わると
$PTSD研究家翠雨の日記
ふいっと
降りてゆきました。
翔の前からは消えて
別天地に向かうのです。
ポニョは
「ヒットしても家出します!」と
宣言してましたが
アリエッティも
別世界へ行きます。
かぐや姫も月へ行きますね。
西洋のハッピーエンドはなく
ネバーエンディングストーリー
【仏向上】なのです。
  ―常にセルフを超えていく。
こうやって
常に個性を輝かせながら
生きていく過程が
【個性化の過程】
【自己実現】なのです。
心理療法で
根本的に
勘違いされているところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です