アラスカ先住民のPTSD性依存症のこころのケア

$PTSD研究家翠雨の日記
クリンギット族の長老です。
先住民というだけで
白人から暴行を受ける時代
お酒と薬物に溺れたそうです。
PTSDですね。
その経験を生かし
アルコール依存症の更生の
お仕事をするようになりますが
やり方が
ユング心理学的ですひらめき電球
「頭蓋骨が
子どもに蹴り飛ばされ
『助けて!』と叫ぶ」夢をみて
意味を悟り
 ―トラウマが
 いい加減に扱われているひらめき電球
神話を参考に
 ―神はセルフの投影ですから
 集合的無意識に
 みあったこころのケアの
 心理学の宝庫なのです。
墓地の修復をするお仕事を
されていますが
そのこと自体が
今生きる人々の
こころのケアになっているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です