宗教的悪習終末期の【胃ろう】とPTSD薬害

元自治医大消化器外科教授が
終末期の安易な【胃ろう】に
警告を発している。
$PTSD研究家翠雨の日記
欧米哲学は
「食べられなくなったら寿命」
日本の
(哲学とも言いにくい)
常識は
「食べられなくなったら胃ろう」
  ―自分がそうされたいとは
   みな思っていない。
PTSDをめぐる薬物依存と
同じ精神構造ではないかと
思う。
食べるというのはひらめき電球
象徴的には
取り込むこと
理解することでしょう。
自分で考えることができなくなったら
それは魂の死を意味します。
 ―誤解があってはいけませんから
  書きますが
  苦しいときは
  考える力があります。
  あるから苦しいのです。
薬物コントロールは
魂の死を意味します。   ←薬物ロボトミー
要するに
人間を生殺しにしたまま
永らえさせる
悪魔の手法なのです。
それを悟られないために
「哲学なんか」
「難しいことばっかり…」って
言うのかな?
 ―次の記事に続きますニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です