PTSD解離時代の学生コンパは死の危険

$PTSD研究家翠雨の日記
昔からありましたが
 ―未成年で飲酒はいけないのですが
  不問にされてました。
  
  お酒は二十歳からというのは
  ちょっと特殊な文化
なのです。
  中国では子どもが
  酔っ払ってたりします。
  毎晩じゃないですよあせる
  日本でも
  お屠蘇とかもあるし
  実は微妙な扱いで
  下手すると野暮ですから
  ややこしい。
でも今は
解離人格が増えてますから
ここは法令順守したほうが
よいようです。
 ―最近
 京都の警察学校でも
 ありましたね。
つまんないですがね。
命が大事ですから。
★集団ヒステリーの場と化し
 ―妙な高揚感で一帯感が生まれ
  (普段はバラバラの孤独感ですから)
 鬱屈した現状を打破できそうな
 勘違いパワーが発生するのです。
 下の図で言うなら
 中心力という地球のマグマと
 一体化してパワフルになるような。
★ヒステリー人格
 (PTSD)の学生が
 みんなに応えようとします。
★無我にして
★何か言わせようという
古来の巫女の儀式の名残です。
$PTSD研究家翠雨の日記
内的現実は
すごいことになってますが
外的現実は
救急車で運ばれるか
先輩なぐったらしくて
(無意識にある
リセットのメカニズムによります)   
翌日真っ青になるとか
そういう結末です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です