朝日新聞『青銭大名』第二話 天狗の象徴的意味

$PTSD研究家翠雨の日記
★天狗は
お祭りなんかで
おみこしを
先導します。
★『古事記』には
猿田彦というのがいて
天孫降臨のとき
天と地の間に
立っていました。  ←道案内
自我と自己が出会うときの
 ―感応道交
【象徴】イメージが
天狗です。
★鼻が大きく
 ―スサノヲのことを
 書いた場所にありますが
 【リセット】の原理が隠されています。
★目がらんらんと輝きます。
 ―よく見ます。
それは
【邪眼】です。
聖なる場所にあって
覚悟のない侵入者が
恐れおののいて逃げ出す
のです。
PTSD克服には
【邪眼】をお守りにしましょう。
 ―売ってませんよ。
 
物語の天狗は
どうも【天狗なりそびれ症候群】みたいですが…あせる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です