ナスカ地上絵の臨床心理学的意味


ミクロコスモスとマクロコスモス
小宇宙と大宇宙
人間と世界
自我と自己
こころには2つの
中心があります。
そこから
自分の立ち位置を
把握してから
行動するのが
哲学です。
 ―こうしないと
 間違うのです。
空の星を見て
宇宙の広大さを
感じるのは普通です。
 ―夜空を見ない現代人は
 どうしましょう?
日頃
踏みつけている
大地に
大きな絵を描いて
自分はその上の
芥子粒以下の存在だと
感じるのは
凄い感性だと思います。
心理学者
エリクソンなんかの理論より
もっと壮大です。
自我肥大を起こした
現代人は
この点において
古代人を
見習う必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。