ゴリラ顔&嗅覚障害後遺症の整形ミスからのPTSD解離自殺を否認の岡山地裁

当時53歳の主婦が
2002年に
美容整形を受け
嗅覚障害の
診断を受けました。  ←客観的証拠
見かけ上も
ゴリラの鼻のようになり
目はあっかんべーをしている
状態になり      
2005年に
絶望して自殺しました。
★診療所は
手術自体も問題はなかったと
主張
 ―どう考えてもおかしいですね。
★裁判所は
手術ミスは認めましたが
「これが原因で
自殺するとは通常
考えにくい
」としました。

斜め下の記事には
金沢大生が
就職が決まらず自殺未遂した
記事があります。
裁判所は
本当に世間知らずですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です