茨城中3男子刺傷事件PTSD解離容疑者精神鑑定へ

殺人未遂容疑で逮捕された
住所不定
無職(34)について
精神鑑定を行うための
鑑定留置が
請求されるようです。
あいまいな供述を
繰り返して
います。
 ―記憶を
 つごうのよいように
 修正し続けているのでしょう。
 自然治癒力の
 誤作動です。
「(男子生徒と母親の)
買い物カートが体に当たり
腹が立った」
「店外でトラブルになった」などと
供述していますが
防犯カメラ
確認したところ
そのような事実はなく
被害者親子にも
否定されているようです。
ひどい【解離】により
内的世界も記憶も
混乱しています。
解離犯罪には
客観的証拠が重要ですね。
そして
得心ゆく説明には【解離】しか
ありません。
公判維持は難しそうですね。
 ―麻原裁判は
 それでも続行されましたが
 あの頃より
 世間は成長しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。