オスカー俳優ジョージ・クルーニー二度目のマラリア感染死の恐怖

1月上旬
スーダン共和国で
マラリアに感染していたことが
分かりました。
二度目のようですが
マラリアは
手当てが遅れると
危機感が倍速する
恐ろしい熱病ですから
慣れが起こるものでも
ないでしょう。
回復に向かっているようですが
二度も
死の恐怖に見舞われた人には
こころのケアが必要でしょう。
慣れた人でも
配偶者が罹ると
相当ショックを受けますから。
 ―何度も聴かされます。
しかしひらめき電球
アフリカ全土で考えると
治療薬もない状態で
マラリアの洗礼に耐え
生き残った人たちが
現在のアフリカ人ですから
子どもの熱性痙攣で
容易に
緩やかなものとはいえ
抗精神病薬を与え
「おお、ヨッパライおじさんみたいに
ラリってるゾ」と
ブログに書く
日本の発達障害の父親には
興ざめです。
もう狂ってますショック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です