突然の記憶喪失から始まるPTSD物語『冬のサクラ』に経験者チェ・ジウが友情出演

お茶の先生が
桜の着物を着ている桜
春でもないのに
おかしくなったのか?と目
心配したが
実は
狂い咲きしたような
 
 ―最近は温暖化で
 珍しくもなくなりつつ
 ありますが…あせる
そんな桜があるのだと知って
驚いたと
どなただったか
作家さんが書いておられるのを
読んで
ふーんと思ったことがある。
【狂い咲き】って言葉が
妙によい感じがして
なぜそんな風に思うのかな?と
桜を見るたび思っていたが
PTSD研究をするようになって
いろんなことが
よーくわかるようになったニコニコ
★心的ショックを受けると
記憶喪失になる。
わかってみれば
当たり前のことですがあせる
 ―『冬ソナ』でヨンさまは
 記憶喪失になったり
 突然現れたりして
 チェ・ジウを苦しめました。
★トラウマは必ず狂い咲く
 ―人生の季節は無視です。
 子育てしなきゃならないのに
 幼児還りしてしまいます。
 狂いの法則はあります。
冬のサクラを見ようとした
今井美樹は
それで
お約束どおり
記憶喪失になったのですね。
 ―桜ではなくサクラと書くのは
 ある種の【元型】だからでしょう。
 ポニョの父親はフジモトです。
 不二元で不徹底の象徴
病を【否認】していることも
明らかになり
 ―難病なんですかね。
 受け入れがたいですよね。
草薙剛がそれを伝えるようです。
金太郎飴のように
完全なPTSD物語ですねニコニコ
草薙さんは
癌の死の恐怖と向き合う
妻を癒す
作家の役をしたり
PTSD大使として
忙しい毎日をお過ごしのようです。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。