茨城の大学三年生衰弱死は機能不全家族におけるPTSD解離姉らによる虐待殺人だった

衰弱死したと思われていた
中島千佳さん(当時20)は
同居していた
22歳の姉ら3人に
虐待され
殺害されていました。
殴るけるの
暴行を加えたうえ
食事を与えないなどの
虐待行為を
繰り返し
事件の発覚を恐れ
治療を受けさせず放置し
殺害したようです。
機能不全家族の増加により
虐待や
DV事件には
いろんなバリエーションが
みられるようになりました。
社会的な
負の連鎖の大きな
動きは
目を蔽うばかりです。
確実に進化しています。
放置したら
どうなるかわかりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。