PTSD解離犯罪多発の宮城で元受刑者の行動をGPS受信機で監視検討

警察などが
性犯罪の再犯の
可能性が
高いと判断した
元受刑者に
★DNAの型の登録を義務づけ
★出所後
GPS受信機を携帯させて
行動を監視する
ことを
検討中で
今年度中に
具体的な案が
まとめられる
予定のようです。
人権の問題を指摘する意見も
あるようですが
解離犯罪が増加するばかりの
現状で
元受刑者のなかには
自分でも
どうしたらよいのか
困っている人が多いと
思いますから
被害者=PTSD発症者を
増やさないためには
できることは
何でもするべきでしょう。
宮城県は
解離犯罪の多い土地ですから
今後
研究や
取り組みは
最先端になるかも
しれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です