ののちゃんが教える【解離】だらけの学校

$PTSD研究家翠雨の日記
フジワラ先生は
【解離】の気があると
思ってましたが
授業前に
いよいよ
ふらふらと
【解離性失踪】です。
 ―解離生徒や解離先生だらけの
 学校ですから
 ついでに言うと
 ののちゃんの親も
 解離の気がありますから
 先生も疲れて
 【解離】しやすいのです。
貧血なら
声かけないと
いけませんよね。
「誰も声を
かけられません」と   ←見えにくくてすみませんしょぼん
書いてますから
【解離】性でしょう。
子どもたちは
★そのことも
★先生たちが
 それを知らないことも
知っているのです。
誰が声をかけますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です