朝日新聞『青銭大名』第十二話 鬼と陰陽五行説

けちん坊の新左衛門は
祇園祭りの
出し物を
呂后』の
 ―呂律が回らないの呂ですね。
 詳しいことは
 あとで出てくるでしょう。
地獄の牛頭馬頭
罪人を追い立てるところに
したそうです。
 ―昨日
 いつも拝見している
 りんこさんのブログでは
 ご自身のPTSD半生を振り返り
 そんな地獄絵図を組み込んで
 イメージ化されてました。
$PTSD研究家翠雨の日記
こんなマヌケじゃなくて
もっと迫力がありましたがあせる
コツコツ
謙虚にまじめに
取り組んでおられる
経験者の話の迫力には
太刀打ちできないものです。
$PTSD研究家翠雨の日記
鬼は陰陽五行説から
考案されたデザインです。
ああいうのを見たとか
いるとかいないとか
そういう次元の話ではないのです。
十二支の
丑と寅の間が
鬼門です。
北東が鬼門ですね。
 ―京都を守るために
  鬼門に比叡山があります。
時間にしても
月にしても
季節にしても
変化の時なので
気もそぞろになる
魔境なのです。
 ―年末年始は
 魔境でしたよねひらめき電球
それで
鬼さんは
牛の角を生やし
寅のパンツをはいています。
 ―吉野裕子先生に習いましたドキドキ
  鬼は陰に於いて 於陰です。
質草に出した鬼のパンツを
新左衛門は
五郎左に
取りにゆかせます。
 ―忘れていた
  リセットの装置
  思い出し
  行動に移したのです。
魔境は危険でもありますが
チャンスでもありますから! ←陰陽

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です