『ホシボシ 心理特捜事件簿』ポニョ刑事ならPTSD解離理論知ってるかな?

刑事ドラマという
1つのカテゴリーが
あるそうです。
専門家や細分化
され続けているわけですが
今期の流行は
【心理分析】ニコニコ
京都府警の
船越英一郎は
 ―サスペンスドラマの
 有名人ですね。
 サスペンスドラマと言えば
 崖の上に犯人を追い詰めて
 独白させる。
 『崖の上のポニョ』と同じドキドキ
 リセットの【元型】があります。
 奥さんの顔は
 心理的な理由でゆがみ   ←顔面麻痺
 妹さんは
 PTSD自殺されたので    ←うつ病誤診
 少しはおわかりだと思います。
 
なんと
心療内科医から
転身した
異色刑事
ホシボシは星々でしょうが
複数形のなかった日本語らしい
表記です。
 ―人々・神々…
 たくさんということですネ。
 無我や解離を連想させます。
 西洋は一神教のアイデンティティ
なので
ここは
精神分析的に
無意識を分析して
「やぁ、解離だね」
「容疑者の父親は
代議士だけど
母親はよく骨折してるね」
「容疑者は児童養護施設で
育ったそうですが
結婚後記憶喪失になったそうです」
なんて話題がでてくるかな?
「発達障害だね」
「新型うつ病だよ。
ひきこもってても
夜にはクラブに行ってる。
薬をちゃんと飲まないからだ」では
パロディ路線まっしぐらですね。
どっちかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。