朝日新聞『青銭大名』第十三話 孤児への無理難題

けちん坊の
悪徳主人
新左衛門は
拾った孤児の
五郎左に
命を助けてもらいながら
感謝するどころか
今度は
誰もが恐れる
ヤクザものの家に
お使いさせます。
しかも
「取ってこい」と
命じている代物は
貴重であり
常識の通用する相手ではないから
到底返してもらえないのは
承知の上でです。
なんと
(棄ててもいような適当な)
刀を渡し
使ってもいいからと
しかも取り返すまで帰ってくるなと
全く
人間扱いしていません。
孤児とは
寄る辺のない存在で
子どものときから
こんな理不尽な無理難題を
こなしながら
生きていかねばならないのです。
タイガーマスクに
ランドセルを貰った
児童児童擁護施設の子どもたちも
同じだと思います。
また
一見普通にみえる家庭にも
孤児はいると思います。
PTSD発症のリスクが高いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。