ブログをどんどん書いて裁判所の常識を変えよう!

大阪地裁では
1つの事件で
実刑と無罪が出たそうです叫び
覚せい剤取締法違反の
罪で逮捕された
42歳のイラン人について
昨年3月は
指示役だったと認め
指示された男は実刑になりました。
しかし
昨日
本人が本当に指示役だったか
審議され
無罪になりました。
裁判官3人は同じ
裁判員が入れ替わったためです。
    …
要するに
忘れてはならないのは
裁判官は
神でもなんでもないので
 ―お見通しではないのです。
 
情報や客観的証拠が
すべてであるということです。
当たり前の再確認ですひらめき電球
PTSDについて
情報をどんどんあげていかねば
なりません。
裁判所の常識は
当然ながら
トップダウン式に
教育や福祉や医療に反映されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です