『世界で一番美しい元素図鑑』と『赤の書』を売り出す創元社の憂うつ

今日の
朝日新聞の広告
$PTSD研究家翠雨の日記
                     ↑
                   折ってマス!
右半分は『世界で一番美しい元素図鑑』
 ―ユング心理学の
 【元型】を思います。
 これ否定して
 どんな学問が
 成り立つのでしょう?
『アルケミスト双書』のシリーズも
ユングの
たましいの
【錬金術】の考えの
源です。 
その下には
西洋に対しての
東洋文化
(錬金術の結果)
真ん中あたりに
『修道院の断食』
$PTSD研究家翠雨の日記
集合的無意識のなかの
感官の問題です。   
 ⅠとH・ⅡとH・ⅢとHを結ぶ部分
 ―食を介して
  感覚を研ぎ澄まさないと
  自分の本当の
  感覚はわからないのです。
全体が
ユング心理学の
参考書みたいな構成です。
そして左上
 ―陰陽五行的には
 祈りの場所
私の耳には
 『どうか、どうか…あせる』と
聴こえてくる。
$PTSD研究家翠雨の日記
PTSDだったユングが体験した
強烈なヴィジョンと同じ型のものを
(日本流にアレンジして)
箱庭に表現しても

【象徴】が見えないから
これは
【発達障害】と切り捨て

PTSDに苦しむ子どもを
脳学者に売り渡す
河合ジュニアと心中する気か?
これだけの矛盾を抱えた
広告は
 ― 一体ユングを
   肯定したいのか
   否定したいのか  
相当なトラウマの産物です。
 ―河合隼雄の光と影に
  やられた。
キューブラー・ロスでは
抑うつは       ←うつ病ではありません。
最終段階
受容に至るか?死か?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です