『戸塚ヨットスクールはいま』PTSD問題そのものは不変の30年

$PTSD研究家翠雨の日記
世間を驚かせた
ヨットスクールは
今も存在しますが
この30年で
大きく変化しています。
★10代の非行少年が大半だったのが
20代のひきこもりやニート
いじめや家庭内暴力
自傷行為を繰り返す人たちに
変化しました。
 ―PTSDの流行が
 変化しただけです。
 最近は自分の脳内で
 暴れる傾向です。
 
★体罰封印のため
 
 ―効率が悪くなり
訓練期間が3ヶ月から1年に延長されました。
 海にはまるというような
 体罰のなかに
 【百尺竿頭一歩進めよ】的な
 要素があったのでしょうね。
 しかし
 禅堂では死者は出しませんし
 ひらきなおりはありえないです。
変わっていないのは
学校や教育委員会
児童相談所に
答えを見出せない親が
一縷の望みをかけて
高額な
入学費用とともに
(入学金300万円&生活費月10万円)
ヨットスクールに
子どもを託しているという
事実です。
治療環境は
最近頓に
上から目線で排他的ですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です