虎の門病院通常量の5倍投与による死亡事故で薬剤師にも賠償責任ならば精神科はどうなる?

肺がんで入院していた
都内の私大教授の男性(66)が
死亡した事件で
遺族が
病院などに
損害賠償を求めた訴訟の判決が
東京地裁であり
過剰投与と死亡に因果関係が認められる」として
病院を経営する国家公務員共済組合連合会と
投薬を指示した担当医
調剤した薬剤師3人に
計約2400万円の支払いを
命じました。
投薬ミスをめぐり
医師の指示通りに調剤した
薬剤師の賠償責任も認定されるのは
極めて異例
です。
精神科の過剰投与は
薬剤師さん知ってるよね?
そのあと
どうするかが
命取りですぞ!
 
 ―他人の命とってるからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です